見る・遊ぶ

世田谷で「区民スポーツまつり」 50種以上のスポーツ・レクリエーション体験

昨年のイベントの様子

昨年のイベントの様子

  •  
  •  

 世田谷区スポーツ振興財団設立20周年「第55回区民スポーツまつり」が10月20日、世田谷区立総合運動場と大蔵第二運動場(大蔵4)で開催される。主催は、公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団。

 スポーツ・レクリエーションの普及と啓発を目的に、多くの区民にさまざまな種目のスポーツ・レクリエーションに触れて楽しんでもらう機会を提供する同イベント。毎年10月に行っており、昨年は3万2000人ほどの人でにぎわいを見せた。

[広告]

 コンセプトは、「いい日、いい汗、いい仲間。」。ラグビーや卓球、ボルダリングなど50種類以上のスポーツ・レクリエーションを用意する。今年は同財団が設立20周年で、同イベントも55回目を迎えるメモリアルイヤー。東京2020大会を1年前に控えた年でもあることから、「謝恩と気運醸成」をテーマに加えた。

 会場には、アーチェリー、フェンシング、ボッチャなど、普段あまり体験できない種目にもチャレンジできる「スポーツ・レクリエーション体験コーナー」をはじめ、「ステージショー」「マルチスポーツ体験コーナー」「健康づくりコーナー」、模擬店などを用意。

 「スポーツ・レクリエーション体験コーナー」では、世田谷を拠点に活動するリコーブラックラムズによるラグビーパフォーマンスショー、ラグビー体験をはじめ、ショートテニス、ソフトバレーボール、卓球や、スポーツ義足体験、ペガーボール、ボッチャといったユニバーサルスポーツの体験コーナーなど36種目を用意。「ステージショー」では、「ウルトラマンタイガショー」(12時15分~、14時15分~)、二子玉川小学校有志児童による世田谷オリジナルダンス「ひろがれ・世田谷」など、8種類のプログラムを展開する。

 「マルチスポーツ体験コーナー」では、世田谷ジュニアアカデミー講師陣によるアスレティクス、フットボール、器械運動、ベースボール、テニス5種目のワンポイントクリニックをはじめ、ボールを使った全身運動のバルシューレ体験会、スラックライン体験コーナー、「健康づくりコーナー」では、足底板(インソール)で正しく歩く、キネシオテーピング体験コーナーなどを展開する。

 同財団20周年を記念した「GOGO スタンプラリー」も実施。会場5カ所に設置したスタンプを全て集めた先着1000人に20周年記念グッズを進呈する。

 同財団管理課事業係の榊原遼作さんは「小さい子どもから年配の人、障がいのある人まで、誰でも参加できる楽しいプログラムを多数用意しているので、気軽に参加していただければ」と話す。

 開催時間は10時30分~15時30分。雨天時は屋内イベントのみ実施。

  • はてなブックマークに追加