学ぶ・知る

二子玉川でプログラミング言語「Ruby」勉強会 知識の共有や交流目的に

前回の勉強会の様子

前回の勉強会の様子

  •  
  •  

 プログラミング言語「Ruby」の勉強会「Nikotama.rb(二子玉アールビー)」が10月24日、楽天クリムゾンハウス(世田谷区玉川1)で開催される。

 Rubyは、まつもとゆきひろさんが開発したオブジェクト指向スクリプト言語で、日本で開発されたプログラミング言語としては初めて国際電気標準会議(IEC)で国際規格に認証された。

[広告]

 今年4月に開催されたRubyの国際カンファレンス「RubyKaigi 2019」で、二子玉川近隣在住のエンジニアから「近くで勉強会があればいいのに」という声が上がり、二子玉川でRubyエンジニアとつながる地域コミュニティーができればとの思いから、Ruby言語をさまざまな機能で使っている楽天ECテクノロジー統括部のエンジニアが中心となって5月に同勉強会がスタートした。

 今回で6回目となる勉強会は、自分で勉強会を開いている人から若手エンジニアまで、さまざまなキャリアや環境で働く人が参加している。内容は、「RubyKaigi」などで発表された内容のディスカッションをはじめ、オープン・スペース・テクノロジー(OST)形式での意見交換、知見の共有、技術的なトピックの発表、ライトニングトーク(LT)、体験学習など、毎回内容を変えて実施。

 楽天 コマースカンパニー ECテクノロジー統括部柳本浩一さんは「Nikotama.rbは、初心者からギークまでみんなの知見をみんなでシェアすることを目的に生まれたコミュニティー。毎月開催しているので、興味のあるエンジニアの人は気軽に参加していただければ」と話す。

 開催時間は19時30分~21時。参加無料。要事前申し込み。

  • はてなブックマークに追加