3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

多摩川に面したカフェでチャリティー「宇宙茶会」-現代陶芸家の作品販売も

多摩川に面した「チチ・カフェ」店頭には桜の木も。

多摩川に面した「チチ・カフェ」店頭には桜の木も。

  • 0

  •  

 多摩川に面した立地にある「CHICHI CAFE(チチ・カフェ)」(世田谷区玉川1、TEL 03-6411-7958)で4月2日、現代陶芸家、宇宙科学者、茶人がコラボレーションするチャリティーイベント「宇宙茶会」が開催される。主催はアバンギャルド茶会。

 アバンギャルド茶会は、「日本文化との体験接点の創出」をモットーに2009年から東京芸術大学に所属している現代作家たちと活動を開始。これまで500人以上が着物・正座不要の現代的でカジュアルな茶道体験に参加しているという。

[広告]

 今回は、現代陶芸家21人が太陽系の惑星を中心に各自が選んだ星をイメージして創作したオリジナル茶碗「宇宙十職」と、京都大学・東京工業大学の宇宙・オーロラ研究者の協力による「宇宙を堪能できる空間演出」により「茶道をカジュアルに体験」する。

 昨年秋から準備を始め、当初は3Dオーロラをドームへ投影することも計画していたが、省エネのため今回は見送り、今回の企画に参加した作家の作品の展示販売を行うことにした。イベント収益の全額と展示作品の売り上げの一部は義援金として日本赤十字社へ寄付する。

 同会代表の近藤俊太郎さんは「今回コラボレーションしている陶芸家の中には、少なからず震災で被害に遭った方もいる。作品の展示販売をすることは、被害に遭った陶芸家の支援になり、作家と購入者の『つながり』を作ることにもなる。作品を購入して手元に置いていただくことで、『震災を記憶に残す』こともできると考えた」と話す。今後同様のイベントを他所でも開くという。

 宇宙茶会の開催時間は11時~21時(作品の展示販売は18時30分まで)。参加費は、第一部「桜御膳付茶席」=4,000円、第二部「茶席」=2,000円、第三部「宇宙茶会&懇親会」=6,500円。茶会へ参加するには、アバンギャルド茶会へ事前の申し込みが必要。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home