天気予報

8

5

みん経トピックス

二子玉川で福島の食イベント世田谷こども守る会が募金

関東中央病院の「冬の癒やし」イルミが点灯 医師らによるクリスマスコンサートも

関東中央病院の「冬の癒やし」イルミが点灯 医師らによるクリスマスコンサートも

今年のイルミネーション風景

写真を拡大 地図を拡大

 世田谷・上用賀の「公立学校共済組合関東中央病院」(世田谷区上用賀6、TEL 03-3429-1171)で12月1日、今年も正面玄関前の冬のイルミネーションが点灯した。

点灯式の様子:(左から)有田俊雅副院長、新家眞病院長、小林利宏主任電気技師

 2006年から毎年、冬季のみ点灯する同院正面玄関前の植え込みにあしらうイルミネーション。点灯開始から9回目を迎えた今年は、昨年と同様2つの雪だるま、緑色のトナカイ1頭、青色のトナカイ3頭、さらに新しく白色のトナカイ2頭が加わり、にぎわいが増した。電灯をクリスマスツリーに模し、周囲の木々や芝生、時計灯にも電飾を施す。毎年、同院利用者以外に地域の人々にも「冬のイルミネーションスポット」として知られている。

 同院でのイルミネーション点灯のきっかけは、同院に勤務する20代の看護師が病気で亡くなったこと。生前「病院にクリスマスイルミネーションをしたい」と話していたことから、家族や同僚らが故人の遺志を継いでイルミネーションのトナカイ1頭を寄贈し、これを耳にした同院の医師やスタッフが他のイルミネーションを追加で寄贈し、次第に装飾の規模が大きくなり現在に至ったという。新家眞病院長は同院に通院・入院する患者やその家族だけではなく、地元の人々へも「冬の心の癒やしとなれば」とコンセプトを明かし、「病院というと少し暗いイメージを持たれる人は多いと思うが、目に楽しさを与えることでそれを改善できているのでは」と話す。

 1日17時30分に行われた点灯式では、新家院長をはじめ多くの関係者や同院利用者らが立ち会い、カウントダウンとともに今年も「冬の光」を拍手で迎えた。点灯後の会場には歓声を上げる地元の親子連れの姿も早速見られた。

 今年は約2000個の電球を増加し、クリスマスツリーの光を点滅させ技術的にも「挑戦があった」と、2006年の当初より同電飾を手掛けてきた同院主任電気技師の小林利宏さん。「通常業務の合間に事前に一斉点灯をする時間が取れず、点灯式本番にうまく点灯するか緊張した」と話す。「電飾の専門家ではないなりに毎回試行錯誤している」とも。

 同院では17日18時45分より、同院1階外来ホールで「第16回クリスマスコンサート」を開催する。院外への一般公開は今年が初。司会に外国人タレントとして知られるアントン・ウィッキーさんを迎え、「関中コーラス部」による合唱や同院医師、職員による楽器演奏を披露する。「コンサートを聴きに来院いただく際にイルミネーションをお楽しみいただければ」と新家院長。参加無料。20時まで。

 同イルミネーションの点灯期間は来年2月14日までの予定。

グローバルフォトニュース