食べる 暮らす・働く

二子玉川で小学生らが「レモネードスタンド」-小児がん患者への寄付呼び掛け

過去の「レモネードスタンド」の様子

過去の「レモネードスタンド」の様子

  •  
  •  

 ソフトプレッツェル専門店「アンティ・アンズ二子玉川ライズS.C.店」(世田谷区玉川2)で6月27日、小学生によるチャリティーイベント「レモネードスタンド」が行われる。

 「レモネードスタンド」は、子どもたちが自分でお金を稼ぐことを学ぶため、自宅の前でレモネードを売る活動。アメリカでは子どもが行うチャリティーとして知られる。同店では2011年より社会貢献活動の一環として「レモネードスタンド」に取り組んでおり、これまでに東日本大震災の被災地、宮城県気仙沼の大島小学校などへ寄付した。

[広告]

 今年は同店のフェイスブックページでの募集に応募した小学生たちと共に、店頭で「オリジナル レモネード」(1杯300円)を販売し、売り上げの全額を「公益財団法人 がんの 子どもを守る会」に寄付する。

 開催時間は13時~15時。同店の営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加