3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

二子玉川ライズで「コーヒーサミット」 予約優先枠は受け付け開始3週間で満席に

昨年のイベントの様子

昨年のイベントの様子

  •  
  •  

 「コーヒーサミット2020」が1月31日から、「iTSCOM STUDIO & HALL(イッツコム スタジオ&ホール)二子玉川ライズ」(世田谷区玉川1)で開催される。主催は東日本コーヒー商工組合(千代田区)。

 東日本コーヒー商工組合は、レギュラーコーヒーの消費拡大と日本のコーヒー文化のさらなる向上を目指すコーヒー焙煎(ばいせん)業者らによる業界団体「全日本コーヒー商工組合連合会」に所属する公認団体。

[広告]

 同イベントは、「安全・安心なコーヒー豆を優れた技術で加工し、コーヒー本来のおいしさを一人でも多くの方にお届けしたい」という思いから昨年初開催。3700人近くの人が来場し、入場規制で館外に長蛇の列ができるほど大勢の客でにぎわった。今年は開催期間を3日間に延長し、出店者数も増やした。「より多くの人に楽しんでもらいたい」と同団体担当者。

 コンセプトは「見つかる、わたしにぴったりのコーヒー」。東日本のコーヒーロースタースペシャリストが二子玉川に集結し、生豆の選定や焙煎方法など、こだわりの詰まった総勢22社のお薦めのコーヒーと菓子を提供する。担当者は「コーヒー初心者の人でも楽しみながらコーヒーの味の奥深さを体験し、コーヒーの選び方を知るきっかけになってほしい」と言う。

 今回も、インテリジェントセンサーテクノロジー社のセンサー技術を活用した味覚センサーを使って、科学的に味の「見える化」を図る。出店社のコーヒーを酸味、苦味、複雑さ、コーヒー感、苦味の後味、コクの6つの観点から数値化、グラフ化した味覚レーダーチャートを提示することで、来場客に各社のコーヒーの特徴的な味わいを目で比べ、実際に味わって、自分好みの味を知ってもらえるようにする。

 今年初の試みとして並ばずに会場に入れる90分ごとの予約優先入場制度を導入。受け付け開始3週間ですでに満席となった。

 会場内には商品展示コーナーも設け、商品の紹介や量り売りのコーヒー豆、菓子などの販売も予定。販売商品の内容は「当日のお楽しみ」と担当者。

 「昨年よりもブース数や試飲できるコーヒーの数も増え飲み比べの楽しさはスケールアップしている。ポジショニングマップで各ブランドの味を予習し気になるコーヒーを事前にチェックして、自分のとっておきの一杯を見つけてほしい」と話す。

 開催時間は31日=11時~18時30分、1日=10時~19時、2日10時~17時30分。入場無料。混雑状況は公式ツイッターで確認できる。2月2日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home