買う

世田谷区が区有地にキッチンカー 新しい生活様式に向けた実証実験で

キッチンカーのイメージ

キッチンカーのイメージ

  • 141

  •  

 世田谷区が10月26日から、JRA馬事公苑前けやき広場をはじめとする区有地5カ所にキッチンカーを出店する。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けた区内事業者が、経営多角化や業態転換の一つとしてキッチンカーの営業を検討するケースが増える中、出店スペースの確保が課題となっている。世田谷区では、区内事業者の支援と新しい生活様式への対応に向けた区民の利便性の向上につなげることを目的に、区有地へのキッチンカー出店スペース創出に向けた実証実験を行うことを決めた。

[広告]

 民間企業との連携を推進するため、区が行政テーマを設定する「テーマ設定型」の一環で「区有地を活用したキッチンカー等移動販売の実証実験における協力」で連携事業者を募集。応募のあった事業者の中からMellow(千代田区)を選定し、連携して実証実験を実施することとなった。

 出店場所は、「JRA馬事公苑前けやき広場」(上用賀2)をはじめ、「上用賀5丁目アパート」(上用賀5)、「喜多見まちづくりセンター」(喜多見5)、「希望丘公園」(船橋7)、「代沢せせらぎ公園」(代沢4)の5カ所。合計17店舗が出店し、和食、洋食、エスニック、カフェなどの弁当や、鮮魚、生花・ドライフラワーも販売する。

 区では実証実験の結果を踏まえ、出店場所や営業時間などを精査し、来年2月ごろを目標に定期出店へとつなげていきたいという。

 同区経済産業部産業連携交流推進課の佐藤智和さんは「区内事業者への支援と共に、区民の皆さまの買い物の利便性向上や、新たな交流の場になれればと考えている。気軽にご利用いただければ」と話す。

 出店期間や時間は場所によって異なる。

  • はてなブックマークに追加