食べる

二子玉川エクセルホテル東急でディナー再開 初のフリードリンクプランも

The 30th Restaurantの内観

The 30th Restaurantの内観

  • 24

  •  

 二子玉川エクセルホテル東急30階のレストラン「The 30th Restaurant」、バー「The 30th Dining Bar」(世田谷区玉川1、03-3707-7200)が、4月1日に営業再開する。

 同ホテルでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年4月12日からディナー営業を休業していたが、客の安心、安全を最優先に感染症対策を徹底した上で、約1年ぶりの営業再開を決めた。

[広告]

 「The 30th Restaurant」では、旅行に行きたくても行けない客のために、同ホテルシェフ百瀬宏一さんが料理人を目指す原点となった故郷「信州」に焦点を当て、信州の食材や郷土料理をフランス料理で表現したコース「おいでなんしょ 信州 ~海こそなけれ物さわに~」を提供する。

 メニューは、長野県水産試験場で開発されたサーモンを使った前菜「信州サーモンのコンフィ そば粉のガレット」、信州の郷土料理にフォアグラを合わせた「フォアグラのポワレと長野県産野沢菜のおやき」をはじめ、「長野県産大岩魚(いわな)のポテト焼き茸(きのこ)のナージュ」、長野県産新ブランド牛を使った「信州白樺(しらかば)若牛のみそ漬け 五平餅ぞえ」のメイン、デザート「信州産クリームチーズのムースと信州安曇野産わさびアイス」、「長野産ブルーベリーを使った2種の小菓子」に、コーヒーまたは紅茶を用意。料金は1人=1万2,000円。前日15時までの事前予約制。

 「The 30th Dining Bar」では、コロナ禍でも短時間でお得に飲み放題を楽しんでもらいたいという思いから、軽く飲んで帰りたい人、仲間同士での一杯など、30分で「チョイ飲み」できる「フリードリンクプラン」を提供する。

 メニューは、「生ビール」「赤・白ワイン」「ハイボール」「レモンサワー」をはじめ、ソフトドリンク「オレンジジュース」「ウーロン茶」など11種類のドリンク飲み放題と、駄菓子「うまい棒」も食べ放題で提供。料金は30分=500円。フリードリンクプラン利用者は、「ミックスナッツ」(200円)、「タラコのポテトサラダ メルバトースト添え」「松阪牛入り一口メンチカツ」(以上500円)などの中からおつまみ2品を注文する必要がある。

 販売促進チーフの熊澤淳さんは「皆さま方のご協力もあり、ようやくディナー営業を再開することとなった。引き続きお客さまの『安心・安全』を最優先に、感染症対策を徹底した上でお待ちしている。郷土料理とフレンチのコラボレーションメニューや、当ホテル初のフリードリンクなど、趣向を凝らしたプランを用意したので、素晴らしい眺望と共に楽しんでいただければ」と話す。

 ディナーの営業時間は、The 30th Restaurant=18時~20時、The 30th Dining Bar=17時~19時30分。状況により営業時間の変更の可能性あり。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース