見る・遊ぶ

世田谷で「区民スポーツまつり」 60種超のスポーツやレクリエーション体験

過去開催の様子

過去開催の様子

  •  

 「第54回区民スポーツまつり」が10月21日、世田谷区立総合運動場と大蔵第二運動場(大蔵4)で開催される。主催は、公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団。

 スポーツ・レクリエーションの普及と啓発を目的に、体験を通じてさまざまな種目を知ってもらう機会を提供する同イベント。毎年10月に行っており、例年2万9000人ほどの人が参加している。

[広告]

 コンセプトは、「いい日、いい汗、いい仲間。」。バスケットボール3×3やボルダリングなどのオリンピック種目を新たに追加したスポーツ・レクリエーション体験を60種類以上用意する。

 会場には、フェンシング、車いすテニス、ダーツなど、普段あまり体験できない種目にもチャレンジできる「スポーツ・レクリエーション体験コーナー」をはじめ、「ステージショー」「スポーツチャレンジコーナー」「幼児向けコーナー」「模擬店」などを設置。小さい子どもから年配の人、外国人、障害のある方も楽しめる内容になっている。

 「スポーツ・レクリエーション体験コーナー」では、ローラースキーやショートテニス、サッカー、ラグビー、車いすテニス、水泳、ダーツ、ソフトバレーボール、卓球、剣道、フェンシングなど33種目を用意。「ステージショー」では、「ウルトラマンジードショー」(12時15分~、14時15分~)、「バトントワリングショー」「空手演武」「大道芸パフォーマンス」のほか、スポーツとお笑いをテーマとした「漫才」など8種類のプログラムを用意する。

 「スポーツチャレンジコーナー」では、だるま落とし、ハンドボールのペナルティースロー、ストラックアウト、「幼児コーナー」として、トランポリンやジャンボスライダー、温灸(おんきゅう)・小児はりが体験できるコーナーも展開する。

 同財団担当者は「さまざまなスポーツ・レクリエーションを用意している。中でもパラリンピックメダリストの齋田悟司さんをゲストに招く、車いすに乗ってテニスをする難しさを体感できる『車いすテニス』は、ぜひ体験してもらいたい。初めての種目にもチャレンジして、新しい発見をしていただければ」と話す。

 開催時間は10時30分~15時30分。雨天時は屋内イベントのみ実施。