食べる

世田谷・中町にイタリアン食堂 手作りにこだわったイタリア家庭料理を提供

外観

外観

  •  
  •  

 「イタリアン食堂 ベクトル」(世田谷区中町2、TEL 03-3705-5061)が12月15日、玉川小学校の向かい「CAFE vector」跡にオープンした。

 「居心地の良いイタリアン食堂」をコンセプトに、ソースやドレッシング、デザートの生地なども手作りにこだわった家庭的なイタリア料理を提供する同店。20年以上イタリアンやフレンチの店で腕を磨いた店長の萩原弘三さんは「地元の人たちに日常的に使ってもらえるよう、価格もリーズナブルに設定にした。地域密着型のカジュアルな店になれれば」と話す。座席はテーブル席22席。

[広告]

 ランチメニューは、ライスまたはパン、スープが付いた「イタリアンハンバーグランチ」、好きなパンが選べる「パスタランチ」、スープとパンが付いた「シーザーサラダランチ」(以上980円)など。

 ディナーメニューは、「まるごと男爵のびっくりアンチョビポテトフライ」(450円)、シェフオリジナルレシピの「鶏白レバームース スライスバケット付き」(550円)、「天使のエビ(3匹)とブラウンマッシュルームのアヒージョ」(650円)、オリジナルソースを使った「北海道つぶ貝とキノコのブルギニヨンバターソース」(450円)などの前菜をはじめ、「自家製ドレッシングのシーザーサラダ」(780円)、「イタリア生ハムとクルミのサラダ」(880円)などのサラダ、「鮮魚のカルパッチョ 三種の盛り合わせ」(980円)、「本日の小魚 一匹丸ごとアクアパッツァ」(1,280円)などの魚料理、オーブンでじくりと焼き上げた「牛赤身肉ステーキ」(1,980円)、トマトとバジルソースの「イタリアンハンバーグ」(980円)などの肉料理。

 「魚貝と森のキノコの具だくさんペペロンチーノ」(1,100円)、「自家製ミートボールのトマトソース スパゲッティー」(1,250円)などのパスタ、「アンチョビとケイパーのトマトソース」(780円)、にんにく、オレガノが香る「チョリソーのマリナーラ」(980円)などのピザも用意する。デザートは、「イチゴのティラミス」(450円)、「温かいリンゴのタルト バニラアイス添え」(650円 )など。

 ドリンクは、「生ビール」「ラ・サングリア(赤・白)」、カシスソーダなどの「カクテル」、2種類の「焼酎」、生レモンサワーなど5種類の「サワー」「梅酒」、「ウイスキー」(以上480円)、「グラスワイン(赤・白)」(500円~)をはじめ、イタリア、フランス、オーストラリア産のボトルワインも8種類ラインアップする。

 今後はランチや魚介のメニューも充実させていくという。

 萩原さんは「住宅街の中にある隠れ家的な存在を目指したい。居酒屋やファミレスの延長で気軽にイタリアン食堂を利用していただければ」と話す。

 営業時間は11時30分~15時、17時~23時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加