食べる

桜新町に農業生産法人直営ベジショップ-農薬不使用野菜、無添加食材デリも

「くくりの森Marche」スタッフのみなさん(16日)

「くくりの森Marche」スタッフのみなさん(16日)

  • 0

  •  

 桜新町の駅前通りに11月15日、農業生産法人直営店「くくりの森Marche(マルシェ)」(世田谷区桜新町2、TEL 03-6413-7104)がプレオープンした。

同店外観(16日)

 同店は農業生産法人「株式会社くくりの森」(千葉県山武市)が直営する生鮮野菜などの販売店。2010年に開園し、農薬や化学肥料を使用せずに植物性堆肥で育てた同園農産物を店舗販売することで、「生産者と消費者との交流・連携拠点」を目指す。

[広告]

 同園で自ら生産活動に従事している都築裕一社長は、保育業界のキャリアサポート事業を展開する「キャリアフィールド」(渋谷区)も経営する。都築さんは「保育は教育。教育と安心安全な食は密接につながる」と考え、保育施設が多く存在し「食に関する感度の高い」桜新町で1号店の出店を決めた。

 店舗面積は約10坪。販売スペースの壁3面には野菜棚を設置、テークアウトの加工・調理品用の冷蔵ケース2つを備える。オープン初日は「ミニ白菜」「春菊」「小松菜」「ほうれんそう」(以上、1袋250円)などの野菜を所狭しと並べ、ほかに「本日のデリ」で同店の「にんじんジュース」(350円)を使った「カレー」(1,000円)、「ベジピクルス」「秋の彩りサラダ」「グリーンサラダ」(以上Mサイズ400円、Lサイズ750円)なども。

 同店スタッフの下(しも)さん、中村さんは共に管理栄養士。下さんは「一押しの『ひとみ五寸人参』はこれから出てくる予定」と話し、「わが家にお招きする気持ちで、お待ちしています」と来店を呼び掛ける。「いずれは保育園のお迎えの時間に合わせたタイムセールや食育講座も開きたい」とも。

 正式オープンは来年1月18日を予定。プレオープン期間中は原則として隔週で週末に営業するが、平日に開く場合もあるという。営業日などはフェイスブックで告知する。