3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

桜新町に「サザエさん」カフェ-自社養蜂園製はちみつ入りパンケーキなど

同店メニュー:パンケーキ×パンケーキ 生はちみつ+ホイップクリーム」(手前、120円)とカフェラテ(430円)など

同店メニュー:パンケーキ×パンケーキ 生はちみつ+ホイップクリーム」(手前、120円)とカフェラテ(430円)など

  •  
  •  

 桜新町のサザエさん通りに4月19日、カフェ「Lien de SAZAESAN」(世田谷区桜新町1、TEL03-5799-6781)がオープンする。

店内の様子・壁にはアニメサザエさんと桜新町の歴史を伝えるディスプレーが

 同店近くにある「長谷川町子美術館」(桜新町1)は、漫画「サザエさん」の作家・長谷川町子さんが収集した美術品の公開を目的に1985(昭和60)年に開館。年4回の収蔵展を開催しているが、アニメのサザエさんについての展示は夏休み恒例「アニメサザエさん展」以外に企画されることが少なく、「もっとアニメサザエさんの情報を発信する場がほしい」と、フジテレビジョンアニメ開発部が立ち上げた。運営は「フジランド」。

[広告]

 フランス語で「絆」を意味する「Lien(リアン)」という店名の通り、サザエさんに縁のある同地で「人と人が出会い、笑顔になってほっとくつろぎ再会を約束できるような場所」(田谷絵里花店長)をコンセプトに据える。約15坪の店内には、スタンディングカウンターと10席のカウンター席を設けるほか、アニメサザエさんと桜新町の歴史を示すプレートを壁面にディスプレー。同町のシンボルツリーである八重桜のイラストを中心に、木のぬくもりが感じられる雰囲気に仕上げた。店外から注文ができる窓もしつらえる。

 同店の「看板」メニューは「サザエさん焼き」(3種類、150円~)と同店オリジナル「パンケーキ×パンケーキ」(120円~)。「サザエさんの健康的なイメージ」に合わせ、全ての生地に自社養蜂園で採れたアカシアの「生はちみつ」を織り込み、13ミリの銅板でふっくらと焼き上げる。ドリンクはブレンドコーヒー(380円)、カフェラテ(430円)、抹茶ラテ(ホット・アイス、各480円)、フレッシュバナナジュース(480円)や生ジンジャーエール(ホット・アイス、各450円)など。ほかに「生はちみつソフトクリーム」(380円)も。

 田谷店長は「サザエさんのお膝元の地域の人々に愛されるお店になれば」と来店を呼び掛ける。オープン当日は、桜新町商店街振興組合からサザエさんらもお祝いにかけつける予定。

 営業時間は11時~19時。月曜定休(祝日の場合は翌日)。

Stay at Home